日本初の遠赤外線と美容音波振動を搭載したドライヤー

日本初の遠赤外線と美容音波振動を搭載したドライヤーがスカルプドライヤーです。
今、時代はドライヤーを使って頭皮と顔もエイジングケアをする時代になっています。
ヤーマンが販売するスカルプドライヤーは縁赤外線機能を搭載し、家庭で簡単にヘッドスパをすることができます。
特殊な形状で片手で簡単操作をすることもでき、アタッチメントが3種類付属します。

ヤーマン・スカルプドライヤーの特徴

スカルプドライヤーの特徴は、頭皮を引き上げ本格的なエイジングケアができることです。
これは美容音波と育成遠赤ドライヤーを使うだけで張りのあるお肌に生まれ変わることができるということです。
育成遠赤外線で頭皮をじんわりと温めることで弾力を改善してくれます。これは遠赤外線で温めながら頭皮をケアしていることになるのです。

スカルプドライヤーHモード

スカルプドライヤーをHモードで使用した場合
使用する前と後との頭皮の温度差は平均7.8度も温度差があります。
この力によって冷えて固くなりがちな頭皮の弾力が110%改善したというデータもあります。

ヤーマン独自の技術美容音波振動

さらにヤーマン独自の技術美容音波振動が頭皮を刺激してくれます。この美容音波振動は毎分およそ3700階の美容音波振動を頭皮に与えてくれます。
そして髪のダメージをほぼゼロにできることで髪の毛を乾燥させることができます。これは育成遠赤外線と低温風(温風温度はおよそ60度)のためダメージはほぼゼロで髪の毛を乾かすことができます。髪に優しく髪の毛を乾かすことができる力は髪の毛が痛むのをかなり減少させることができます。テストでは一般的なドライヤーを使って乾燥させていたことと比べておよそ1/20にダメージが減ったというテスト結果もあります。低温風と育成遠赤外線のドライヤーに変えるだけで髪の毛のツヤが蘇ります。髪の毛というのは乾燥しすぎた場合に顕著に傷んだ状況に陥ります。そのためスカルプドライヤーなら髪の表面や頭皮を乾燥のし過ぎから守ってくれて、しっとり艶やかな仕上がりになることが期待できるのです。

スカルプドライヤーの育成遠赤外線とは

育成遠赤外線というのは遠赤外線というものは光線の一種類で、髪の水分に吸収されると熱に変化します。この特徴を生かしてスカルプドライヤーは温風が低温であっても髪の毛を内側からしっかり乾かすことができるようになりました。さらにこのスカルプドライヤーが装備している育成遠赤外線は遠赤外線の中でも4から14ミクロンの特定の波長域で体を最も生き生きさせる波長であると研究データが存在します。髪の毛と頭皮のエイジングケアの部分に注目するとスカルプドライヤーは現在注目の的となっています。
これはまるでヘッドスパを体感できるような、日本初の頭皮をリフトアップさせることのできるドライヤーです。さらに付属品アタッチメントの計算され尽くされたヘッドが、頭皮を柔らかく揉み流してくれます。

販売サイトはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
頭皮を育むスカルプ家電!誕生【スカルプドライヤー】

スカルプドライヤーのアタッチメントは3種類